彼の不満。

今回の連休、彼はお彼岸でお墓参りのために実家に帰ることに。
なのでデートは土曜日。
連日遅くまで会議で疲れてる彼に、「今回は鎌倉までドライブは勘弁してね(^-^;」と
言われたので横浜に行くことになりました。

年明けに横浜に行ったときは風が強くてめちゃくちゃ寒い日。
”コスモクロック21”は強風で揺れ、てっぺん付近で一時停止。というハプニングに見舞われたりして早々に撤退した思い出が。
(彼は、観覧車でこんなに怖い思いをしたのは初めてだと言ってました(^-^; 
でも、そういうのもふたりにとっては後々いい思い出になるのよね~。)
13:00に待ち合わせしたものの、実際横浜に到着したのはなんと16:00!
都内から横浜まで3時間て、あーたっ(-_-;
事故渋滞とかあって、お台場のあたりまで混みまくってたわけ。
ランチをおいしくいただくため、朝からなぁんもお腹に入れていないあたしたちはめちゃくちゃ空腹で喉もカラカラ。
しかし、「着いて早々に飲むビールは絶対に美味しいよね!」と励まし合ってその困難も乗り越え無事に横浜へ到着。

まずは赤レンガの”BEER NEXT”で、びあとソーセージ盛り合わせと4種のチーズピザを頼む。(この時間であまり食べると夜ゴハンがおいしくいただけないので...ってあたしら食べることばかりを異常に気にしてるなぁ(^-^; )
ピザが出てくる頃には既に2杯目のGUINNESSに入っちゃってるあたしたち。
ノンベ同士のパートナーであることに感謝するひと時。。

クルマで移動中、「あれ、地震雲っぽくない?!」っていうの見つけて嫌な予感がしたのもあるんだけど、『救命病棟24時』観たり最近いつ大地震が起きてもおかしくないっていう
状況ゆえ、いつも抱いてる不安を彼に聞いてみた。
「関東に大地震が来たら、あたしのこと探す?」
「そりゃあ探すに決まってるじゃん」て言われた後、しばらく考えてから言われたこと。。

カ: mikuは俺が”同僚とか周りのひとたちが心配だからきっとその後だろうな”って
   言ったらどう思うわけ?
あ: ・・・しょうがないな、その程度なんだって思う。
   そういうときってホントに大事なものの順番がつけられるものだし。
カ: ・・・あのさ、オンナノコってどうしてそういう聞き方するかな?
   もし俺が実際にそう言ったら、mikuは俺に対して「その程度なんだ」って不信感を
   持っちゃって、その後の付き合いに悪く影響してくるだろ?
   ただでさえ、1週間に1度しか逢えないわけじゃん。
   逢ってない間にmikuのキモチになんらかの変化があったりなんらかの事情で
   逢えなくなったらって不安を正直俺は持ってるんだよ。
   毎日家に帰ったらmikuが居るならそんな不安も抱えなくてもいいわけだけど、
   今の状況はそうじゃない。
   せっかく一緒に居て楽しくて幸せなキモチでいるのに、「一緒に居れなくなるかも?」
   っ不安を抱くようなコトバ、言って欲しくないよ。
   mikuが俺の気持ちをそういうことで確認したい気持ちもわかるよ。
   でもそんな試し方しなくても、俺にとってmikuは家族のほかに大切に思うひと。
   誰よりも最初に心配するひとなんだよ。
あ: あたしは「そうなったらどうやって連絡とろう?」って思って聞いただけだもん・・・
カ: だったらそのままのコトバでいいじゃん。
   「そういうときにはそういう方法で連絡取り合おうね」でいいだろ?

あたしの浅ましくも彼を試そうとしたことは全て見透かされ、諭されてしまいました(-_-;

そこがあたしの”悪い癖”なのだ。

これまでお付き合いしてたひとからは、そんな風に指摘されることもなく、でもって永く付き合えなかった。
「どうして俺のことそんなに試すようなことばかり言うんだよ!」ってキレられて終わった恋愛もありで。
そのときでもあたしは自分のどこに原因があるのか、いまひとつわからなかった。
そんなこと言われたら相手がどんなキモチになるかを考えずに、相手の返事によって自分の気持ちが満たされて安心したいことだけで不用意なコトバをぶつけたりしてた。
でもって、”真実の愛”とやらを求めるものの自分がこれ以上どうしたら愛をきちんと育めるのかも分からなかった。

彼は「?!」って思うあたしの言動はその日のうちに丁寧にそのときの自分の気持ちを伝えてくれて”だからこうして欲しい”って希望してくる。
誤解や不安を残さないで、もっとふたりの関係を良くしていこうってしてるのが感じられる。
そうすることによって、あたしも学習してってる。

こんな彼のことをあたしとは違う受け取り方をする女性もいるかもしれない。
でもね、あたしには一緒に居れるピッタリな相手。
だから彼は他の女性じゃなくてあたしを選んだんだと思う。
そうやって彼の言いたいことを抵抗なく吸収できるあたしを選んだんだと思う。

ひとにはたくさんの出逢いがあって、これまでは幸せそうなカップルを横目で見るたびに「どうしてそんな風にピッタリくる相手と知り合えるんだろう?」って思ってたけど、そういう相手は来るべきときには来るんだね。
↑彼と逢う度に思うしblogにも書いちゃうこと。

その後はぷらぷらとお買い物をしてたら既に遅い時間。
元町散策や中華街は次回ってことで、いつものようにお台場に戻り夕ゴハンをおいしくいただいて帰りました。(^-^)

次回は彼んちでチーズフォンデュの会。
そのためのおいしそうなチーズも横浜で購入してきちゃったもんね♪
楽しみです。。
[PR]
by asabamiku | 2005-03-19 23:58 | カレバナ
<< ついつい。。 素直になりたい。 >>