ありがとう。のココロ

「モノが捨てられない」ってひと、いますよね?

浅葉は、テレビ朝●で木曜日にやってる「銭●金太郎」っていう番組が好きで毎週欠かさず観てます。

びんぼーさんの共通項には「モノが捨てられない」というのが少なからずあるみたいで、彼らのお部屋はゴミでいっぱい。
足の踏み場も無いくらい..っていうパターンが多いです。
(中には例外もおりますが)

びんぼーだから勿体無くって捨てられないのか?
ただ単にその人がだらしないだけなのか?

観てる限りでは後者が多い気もするなぁ (^-^;
だって、必要ないもんとか捨てるべきものも「捨てるタイミングを逃した」って理由だけでお部屋に溜め込んでるんだもん~ マイッタ

こないだ出てたひとなんて、何年も前のコンビニ弁当冷凍して「非常食」とか言ってるんだよ~。
レンジでチン!して試食して「うん!食べれる。おいしいよ」だって。アキレタ

・・と、かなり今回のテーマから外れてきたので軌道修正。

実は浅葉もなかなかモノが捨てられないひとでして。
※でもお部屋は汚くないですよ~!

不必要なものが多い..というよりも、気に入ったものは永く使い込むっていうほう。
なんてゆーか。。別に特定の宗教の信者なわけではないんだけど、
「全てのものには命が宿る」みたいな考え方があって。
それが靴とかタオルとか香水のビンであってもね。

だから、もう限界だろ?ってことでお役目を果たし終わった「モノ」を捨てるときには必ず「ご苦労さま」って声をかけてしまうのです。。

モノを買うときは必ず直感が働いて、所謂「一目ボレ」したものを買うひとなのね。
そういうふうに気に入って買って愛用したものだからこそ、最後に自然とそういうコトバが出てくるの。←ヘンなやつ?(^-^;

今日、お気に入りのパンプスとサヨナラするときも、例外なく
「ありがと。ご苦労さま。」でした。
[PR]
by asabamiku | 2004-05-31 22:31 | いろいろ
<< 「美ら海の」 wild sniper >>